ピーハート株式会社/中野区若宮3−1−1

HOME

IT研修・講座

メンタルヘルス

会社案内

サイトマップ

資料請求・お問合せ

 心理カウンセリング

交流分析
人々が抱えているほとんどの悩みが人間関係から発しているもので、人間関係のかかわり方の悩みに注目します。
人とのかかわり方に着目します。個人の成長を促し変化させていくものです。
「自己肯定・他者肯定」「自己肯定・他者否定」「自己否定・他者肯定」「自己否定・他者否定」のコミニケーションなのかを分析し、交流パターンを認識します。
思考の傾向には、「p」親の状態「A」成人の状態「C 」子供の状態があり、問題の場面でどの自我状態が働きやすいのかの理解して、対話を分析します。

論理療法
「思考」に着目していきます。否定的な感情の原因は出来理が生じているのではなく、認知や思考から生じているもので、自分の考え方に着目する療法です。
マイナス思考が出てきた時に「どうしてそう思ったのか?」「どうしてそのような考え方なのか?」「現実的なものなのか?」「本当に正しい物事の捉えからなのか?」を検討していきます。
ネガティブな感情になった出来事を明確にして、考え方次第で変われる事を理解していきます。

認知療法・認知行動療法
思考が硬直化を緩め歪みを正すのが認知療法です。考えすぎたり、気にしすぎたりすることで苦痛を感じてしまう人は多面的に考える事ができなくなってしまい、情報処理の間違いがあります。
否定的な自動思考を見つけ、それが妥当なのかを考えます。
どういう環境下にいるのかを考え認知・行動。感情。身体作用など個人的要素の両面を見ながら、その相互作用を見ていきます。
状況・認知・気分・感情・身体反応・行動・対処・心の癒しや救いを書き出します。また、リラクゼーション方法などの導入もします。

個人情報保護法 | 会社実績 | 会社概要 |社長挨拶
心理カウンセリング | IT研修 日建学院各種資格取得 | まなびじゅく 
サイトマップ | お問合せ


copyright2013 ピーハート株式会社 all right reserve