ピーハート株式会社/中野区若宮3−1−1

HOME

IT研修・講座

メンタルヘルス

会社案内

サイトマップ

資料請求・お問合せ

 メンタルヘルス対策の重要性

精神疾患の患者数は200万人/日本と言われ、2兆7千億の経済損失があると言われています。7人に1人が予備群とも言われています。
精神疾患・特にうつ病が増えた原因として、精神疾患に対する一般の知識が普及し、またパソコンの普及による、とも言われています。うつは誰でもなります。特に、几帳面、仕事熱心、完璧主義で責任感が強い人の傾向が高いようです。
業務により、うつ患者を出してしまうと、企業責任もあり会社にとっては大きなリスクに成りかねません。メンタルヘルス対策の重要性が問われる時代となりました。

 メンタルヘルスの取り組み

メンタルヘルス対策について、事業主・人事・管理監督者の教育の必要性があります。精神疾患を理由に解雇をしてませんか?
まずは、メンタルヘルス対策に取り組みをお勧めします。
大きな会社では、管理監督者教育(ラインケア)を、小さい会社では社員教育(セルフケア)を。うつにならない職場づくりと環境、うつ予防の為の研修があります。

 管理者向け研修

職場環境でうつを出さない為には、人事として行うべき産業衛生分野、コミニケーション、楽しく仲間意識を持って仕事に取組み事は、会社の利益に直接的に影響を与えます。管理者が取り組むべき職場環境や対応など

 研修プログラム

社会的損失となる精神疾患について
一般的なうつの特徴
メランコリー型
新型うつ

うつかもしれない信号
うつにならないように予防する為の取り組み

職場環境
不調者を出さない為には
人事担当として行うべき産業衛生分野
コミニケーション
相手の行動に理解が出来なかった出来事
現代の若者に見られる大きな特徴
相手と共通した価値観

カウンセリング
自己理解
交流分析
論理療法
フォーカシング
内観療法
認知療法
認知行動療法

セルフストレスマネジメント
※このワークショップは、メンタル不調者を出さないようにする為の予防ワークショップです。

個人情報保護法 | 会社実績 | 会社概要 |社長挨拶
心理カウンセリング | IT研修 日建学院各種資格取得 | まなびじゅく 
サイトマップ | お問合せ


copyright2013 ピーハート株式会社 all right reserve